失敗しないために不動産投資術を学ぶ|効率よく成功させよう

貯金箱

立地と設備の選び方

お知らせ

自分の住む家と同じ条件

不動産投資の成功は、立地と設備が鍵を握っています。この2つが入居者ニーズと一致していることは、不動産投資を始める前から成功がほとんど約束されたようなものです。逆に立地と設備を軽視してしまうと、失敗する可能性を大きく高めてしまいます。不動産投資を始める際には、必ず立地と設備を重視するようにしましょう。立地を選ぶ際には、自分が住むつもりで確認することが重要です。交通アクセスは良いのか、買い物はしやすいか、銀行や役所には行きやすいか、緑は多いかなどを、自分が住む家を購入するつもりで確認するようにしましょう。自分が住みたくないと感じる立地では、入居率を高く維持することが難しいでしょう。失敗しないためには、自分の足と目で立地を確認する必要があります。

自分の好みは排除しよう

立地は、自分が住む家を購入するつもりで選ばなければなりません。しかし、設備は、自分の好みを一切排除することが重要です。不動産投資で失敗してしまう原因の1つに、収益物件にオーナーの趣向が反映されていることがあります。オーナーにとっては理想的な家でも、入居者にとってはまったく不要であることが多くあります。部屋の写真を見ただけで候補から外されてしまう恐れがあるため、オーナーの好みは排除することが重要です。設備を選ぶ際には、不動産仲介業者や不動産管理会社から入居者ニーズを教えてもらうようにしましょう。あくまで住むのは入居者であるため、入居者が求める設備でなければなりません。入居者ニーズは日々変化しているため、今現在の入居者ニーズを把握することが重要です。入居者ニーズを満たした設備を選ぶことにより、不動産投資における失敗を大きく抑えることができます。

Copyright © 2016 失敗しないために不動産投資術を学ぶ|効率よく成功させよう All Rights Reserved.