失敗しないために不動産投資術を学ぶ|効率よく成功させよう

貯金箱

成功の基を探る

物件案内

新築投資の落とし穴

不動産投資は安定かつ堅実な収益を得る方法として人気の高い投資です。老後の個人年金として不動産投資をする人も多く、比較的ローリスクな投資として知られています。とはいえ不動産投資で失敗しないわけではありません。ローリスクな投資方法ではありますが、しっかりと勉強をして知識を得ておくことが失敗しないための秘訣です。たとえば、新築物件に不動産投資した場合を考えてみます。新築物件に投資するメリットと言えば、やはりその高い節税効果があるでしょう。初めのうちは税金の還付で利益を上げることもそう容易いことではありません。しかし、不動産の価値というのは時間が経つほどにダウンするものです。なので、もし将来にわたって収益を挙げたいのであれば、より価値が落ちにくい中古物件を狙うようにすると、失敗しなくて済むはずです。

中古と新築の違い

不動産投資をするとき、中古と新築の違いをよく認識しておくと失敗する確率をぐっと下げることができます。不動産というのは、基本的に需要と供給でその価値が決まります。販売価格も需要と供給から算出されるものです。しかし新築物件の場合、需要と供給から算出される純粋な販売価格に上乗せして、マンションを販売するための人件費などの販売促進費用がかかります。その結果どうしても物件の費用が高くなってしまい、投資効率を悪くしてしまうわけです。一方、中古物件の販売価格はほぼ純粋に需要と供給で決まってくるため、新築に比べて物件の費用も手頃なものになります。その結果、資産運用を目的とした投資方法としては効率がより良い方法なのです。

Copyright © 2016 失敗しないために不動産投資術を学ぶ|効率よく成功させよう All Rights Reserved.